あなたの家庭ごみの再利用の手伝いをするサイト

自分で出来る!家庭ごみを再利用するポイント

ごみ出しは思うほど難しくない

分別とはごみを分けてからごみ袋に入れることを指します。 ごみは溜まりやすいので、分別の習慣がないとかなり困ります。 なぜなら、ごみを袋から出そうとすると、手が汚れたりするからです。 ごみの分別の習慣がある場合、そのようなことをしなくていいのでかなり楽になります。

ごみの区別をできるようになったら

ごみを分別した後、しなきゃいけないことはなんでしょうか? 正解は「袋に入れる」ではなく「分別されたごみを袋に入れる前に、一手間をかけることです」。 例えば、ペットボトル、缶や瓶などはそのまま袋に入れてますか? 実は、それダメなんです。一手間をかける必要があります。

変わりつつあるごみ出しのルール

家庭ごみの分け方について説明しましたが、実は、地域によって分別のルールが異なったりします。なぜなら、ごみ出しのルールは地域によって定められているからです。 例えば、ごみ袋が有料になってたり、燃えないごみと燃えるごみを一緒に出しても良かったり、意外なルールがあるかもしれません。

習慣にすべき、ごみの分別

ごみ出しは誰でもすることですが、まだやり方を知らない、もしくはきちんとできてる自信がない人もいると思います。

たとえば、一人暮らしを始めた人の場合ですと、
ようやく一人暮らしができる事に対して喜ぶのもつかぬ間。

自炊、洗濯、家計簿や、掃除にごみ出し等と自分でやらなきゃいけないことが増えます。子供の頃から色々任されていたらやり方が自然と身につきますが、今まで親にほとんどやってもらってた場合は、学ぶ機会がなくて、今になって焦ると思います。

特に、ごみ出しは間違えるとアパートの管理人さんに怒られたりしますが、今更やり方を聞けない人は、家庭ごみの出し方を探し、情報が多いゆえに困ったりすると思います。

でも、ご安心を。実は、私も家庭ごみの出し方を知らなかった身なので、かなり初歩的な階段からつまずいてる方たちの気持ちを分かってるつもりです。なので、このサイトでは、家庭ごみの種類、分別法からごみ出しの方法まで詳しく説明いたします。

また、ごみ出しのルールは地域によって異なるので、引っ越すたびに学びなおさなきゃいけないかもしれません。その事についても最後のページでお話しします。

まずは

ごみの分別からごみ出しまでの大まかなステップ
1.ごみを区別する
2.分けられたごみを各ごみ袋に入れる
3.収集日に出す

ごみの種類
・燃えるごみ(可燃)
・燃えないごみ(不燃)
・資源ごみ(リサイクルできる)
・粗大ごみ(大きなごみ)

次はごみの分け方について