>

あなたの家庭ごみの再利用の手伝いをするサイト

ごみ出しは思うほど難しくない

まずは、分別しよう

人は生活をしてるだけで、大量な家庭ごみが溜まってしまいますよね。

そして、ごみを処分するためにはたくさんのエネルギーがかかりますが、正しい方法で分別されたごみを出すと、処分するために必要なエネルギーが減ります。
ごみを分別しなかった場合、ごみ収集車に回収されず、周りの人に迷惑がかかるので、人々は一見厄介そうなごみの分別をしています。

ごみ分別の種類ごとのごみ箱があると、日頃から捨てる時に分別をするようになるのでかなり楽になります。
基本的には、燃える、燃えない、資源、粗大ごみなどに分けられるので、4つ位のごみ袋を常に設置しておくのが良いかもしれません。

分別されたごみは、お住いのエリアのごみ出しのスケジュールの沿って出すのが基本なので、キッチンとかにごみ出しのスケジュールを貼っておくのがおすすめです。

分ける方法

燃えるごみは基本的に、生ごみ、油、紙(古紙回収に出せない場合)、木などになります。洋服なども燃えるごみとみなされる場合もあります。

燃えないごみはプラスチック、CD、アルミ、家電品などになります。

資源ごみは主に、ペットボトル、アルミ、プラスチック、スチール缶、紙製容器包装、飲料用紙パックなどになります。これらのゴミのほとんどには認別マークがついてます。他にも、古紙(新聞、雑誌、段ボール)などといったゴミも資源ごみとみなされます。

粗大ごみは30㎝以上のごみを指します。例えば、大きな家具や家電製品になります。

ただし、場所によっては、分別のルールが違うので要注意です。お住まいのホームページを参考にしてください。


この記事をシェアする