>

あなたの家庭ごみの再利用の手伝いをするサイト

ごみの区別をできるようになったら

分けたらすること

家庭ごみを出すときは、ごみを分けるだけではないんです。資源ゴミは袋に入れる前に一手間かけなきゃいけないです。

資源ゴミであるペットボトルなどは、キャップとラベルを外してから、燃えるごみと一緒に出す必要があります。缶や瓶は中身を水で洗ってから出します。
スプレー缶やガスボンベ等は中身を使い切って、ガス抜きキャップを(又はボタンを押して)使ってガスを抜く必要があります。そして、地域によると、缶を開けてごみに出すところもあれば、開けずに出さなくてもいいところもあります。

これでようやくゴミ出しができると思ったら大間違えです。

資源ごみだと思われるタイプの紙なども、資源として回収できない場合もあります。
例えば、匂いや汚れがついてる紙などの特殊な紙は資源として回収できない場合があります。

ごみを出す前に、きちんと袋にいれよう

ごみを分別した後、袋に入れて、集積所に出しますが、むやみに出すだけではだめです。
古紙は種類別に畳んで、紐で縛ってだしましょう。
そして、粗大ごみ以外はきちんと分別されている場合、ごみ集積所に出しても大丈夫ですが、粗大ごみなどは業者等に処分してもらうように頼まなければいけません。

又は、売れる価値があるなら、オークション、リサイクルショップやフリマアプリで売ると言う手があります。リサイクルショップでの肝心な買取方法はショップごとに異なるので、事前に確認するほうが良いです。

ただし、当初は高い値で買ったとしても、傷やシミがついてたりすると安くなりますので、日頃から丁寧に扱ったり、手入れをしたほうが良いでしょう。


この記事をシェアする